【Hyper Island通信】テクノロジーに支配されないために必要な3つのメタスキルとは?

Hyper Island通信では、北欧発のビジネススクールであるHyper Islandでの学び、リーダーとしてのマインドセットなど、次世代を背負うリーダーの皆さんのために有益な情報を発信していきます。
 
テクノロジーは私たち人間が追いつけないほどの速さで日々進化しています。多大な恩恵がある一方で、様々な問題を引き起こしているのも事実です。テクノロジーに支配されず、人間中心の新しいテクノロジー世界を築くためには、私たち自身もアップグレードしていくことが不可欠です。ではそのためにはどうすればいいのでしょうか?
Hyper Islandのアジアパシフィックの最高技術責任者であるDevaprakash Giretheren氏の見解をご紹介いたします。

The race between human transformation and technology scaling

執筆者:Devaprakash Giretheren氏

Devaprakash Giretheren
Chief Technology Officer, Hyper Island Asia Pacific
 
 
テクノロジーは、有史以来、人類に奉仕してきました。さらにこの60年間の急速な発展により、私たちのニーズに応える役割を果たし、生活をさらに便利にしてくれています。

しかし近年、技術革新は、私たち人間が追いつくのが難しいと感じるほどのペースで進んでいます。

専門家は批判的に、私たちの今後20年間の生活は、過去300年間よりも速く変化していくと述べています。その主な理由は、この分野における信じられないほど急速な発展です。

人類が生み出したにも関わらず、テクノロジーが私たちの生活を再定義する方法は、私たちが想像するよりもさらに深く、この段階ではほとんど手に負えません。

テクノロジーは人間にとって代わるのか?

人工知能(AI)や機械学習のように次世代の技術の進歩がしっかりと確立されている昨今、機械はもはやただのばかげた革新ではありません。過去の人類を様々な方法で縁取るとき、最近の発明は複数の分野で人間に取って代わるでしょう。

すでに、耕作する機械によって農業はより簡単になりました。飛行機は重い荷物(と人間)の移動をより速くし、電子メールはたった数秒で数千キロ先へ情報を届けてくれます。

ですから近年、多くの人がこれらの革新の影響を受けて職場で余剰となり、仕事を失っていることは当然のことと言えます。驚くべきことに、これまで人間がしてきた仕事の90%はテクノロジーが占めていることが研究により明らかになっているのです。

企業は日々、競合に打ち勝つため、自社のテクノロジーを改善しようと数百万ドルを投資しています。最高の開発者やエンジニアを雇い、新しく、革新的なアプリケーションや機械を作っています。

人々は、速くなるだけではなくより簡単になるという理由で、日常的なタスクのためにさえテクノロジーを使い始めました。私たちは、時間を節約してくれるものであれば何でも歓迎します。これが、テクノロジーの需要が長年にわたって増加している理由であり、この奪取につながっているのです。

人間は、自分自身をアップグレードしていますか?

でも、いったいどれだけの人が、この社会で私たちが進化できる技術を見つけ出すために同じだけの時間と労力を費やしているでしょうか?どのくらいの人がこの目まぐるしいデジタル世界で自分自身をアップグレードしているでしょうか?

テクノロジーと、私たち人間が刻々と変化する世界についていき、心理的にも適応できるようにアップグレードしてきたレベルの間には、確かに大きなギャップがあります。

そして、私たちが新しいテクノロジーを生活に取り入れるほど、賛否両論を等しく理解する必要があります。私たちのうち、このデジタル世界の危険について完全に理解している人はごく少数でしょう。

Twitterアカウントのハッキングやビットコインの支払い、アドビから2年分の編集写真の紛失、ピンタレストでの性的なコンテンツの問題など、多くの事件はテクノロジーの過失ではなく、テクノロジーの背後にある人間の過失を反映しています。これは、私たち人間が、いかにテクノロジーの進化とともに自分自身をアップグレードしてこなかったかということを示しています。

もしあえて批判をするなら、批判を受け入れる勇気も持つべきです。私たち1人ひとりが、この世界をより住みやすい場所にしていく方法について内省する必要があります。私たちは人類をこの社会で生かし続け、テクノロジーに支配させないようにする必要があります。

テクノロジーの過失が人間に与える影響

テクノロジーの誤用と、それに伴う過失は、関わる人々のメンタルヘルスに酷く悪影響を及ぼします。
現代のライフスタイルはテクノロジーに囲まれているため、テクノロジー側で何か問題が起こると、人間も必ず影響を受けなければならないのです。

人間の精神的ストレスはかつてないほど高く、うつ病、不安、孤立、家族間の紛争、離婚、差別など、様々な問題を引き起こしています。

Twitterアカウントのハッキングなどの最近のテクノロジーの過失は、テクノロジーだけではなく人間側の過失でもありました。これらの事件は、私たちがテクノロジーの不適切な取扱いによって直面している課題を反映しています。これは、すべての人類が精神的にアップグレードするための警鐘なのです。私たちは、インターネット上の悪者から身を守る方法を学び、どの程度テクノロジーに依存するかをしっかりと管理しなければなりません。

私たちはどうすれば自分自身をアップデートできるのか

テクノロジーの世界で、ワークフローを計画、実装、更新、維持をするように、私たちも自分自身に対して同じことをする必要があります。

自分自身にパッチを当て、この新しい世界に備える方法はたくさんあります。

統計によると、瞑想は、私たちのストレスと不安を軽減する方法の一つです。瞑想はあなたがリラックスするのを助け、よりよく考える力を与えてくれます。これは、テクノロジーにはできないことです。私たちはまた、マインドフルネスを実践するために日記をつけるという昔ながらの慣習に立ち返ることもできます。

心理的に自分自身を向上させることは別として、私たちは人生の最初の20年の大半を、事実の記憶と、私たちが二度と使わないであろう知識の領域の開発に専念してきたことを認識する必要があります。

したがって、私たちのスキルをメタスキルにアップグレードすることは不可欠です。メタスキルとは、より高次的なスキルのことです。メタスキルは学びへの扉を開きますが、領域特化型のスキルは閉ざします。

以下に、大切なメタスキルを3つご紹介します。
 

1. 創造性(Creativity)

このイノベーションの世界では、日々、新しく、複雑な問題が発生し、それらは創造的な方法で解決する必要があります。今必要なことは、新しいアイデアの開発です。したがって、創造的になる方法を見出す必要があるのです。
 

2. 自己認識(Self-awareness)

私たちは日々、自分自身をより深く知る必要があります。自分の欠点を明らかにし、それらの改善に取り組むことは、自己認識の一つです。また、周囲の現実を受け入れることも必要です。自己認識がある人は、自信のある人でもあります。
 

3. レジリエンス(Resilience)

レジリエンスとは、回復力、復元力、弾力などを意味します。このスキルを習得するには、実験的な思考になる必要があります。実験に関連する不確実性を恐れなくなれば、あなたに訪れるどんな変化にも対応できる準備が整うでしょう。同様に、前向きな姿勢で失敗を克服することでレジリエンスは築かれます。
 
これらは、あなたの適応力を向上させるスキルのいくつかです。あなたがこのマインドセットを受け入れれば、新しい環境に慣れることはもはや挑戦ではありません。
 
ハイパーアイランドでは、デジタルトランスフォーメーションについて生徒と一緒に展望を描くことに常にワクワクしています。私たちはそれをトランスフォーメーション学習を通して行っています。テクノロジーの進化を止めたり、遅らせる方法はありませんが、私たちはいつでも、自分自身をアップグレードし、破壊的ではない、人間中心の新しいテクノロジーの社会を作り上げることができます。

人間は、いつもテクノロジーより優先されるべきであり、またそれを正当化するのは人間の責任なのです。
 
※この記事は、Hyper Islandのブログに掲載されている原文:The race between human transformation and technology scalingを、許可を得て翻訳、編集したものです。

UXデザインやサービスデザイン、デジタルデザインなど、海外のデザイン情報、イベント情報を、分かりやすく紹介します。

RECOMMENDED