あなたのチームは大丈夫?心理的安全性を測る20の質問

心理的安全性は、生産性の高いチームを作る上で非常に重要な概念です。心理的「非」安全なチームでは、メンバーが必要な報告や相談をしない、積極的な議論を避けるなどの傾向にあるので、必然的にパフォーマンスが低下してしまいます。とはいえ、自分のチームが「心理的安全」な状態であるか、客観的に判断するのは難しいものです。そこでこの記事では、Hyper Islandが独自に考案した20の質問をご紹介します。チームの心理的安全性を測定する一つの指標として、ぜひご利用ください。

心理的安全性とは?

ハーバード・ビジネス・スクールのエイミー・エドモンドソン教授は、心理的安全性について、「自分のアイデアや迷い、懸念又はミスについて発言しても、決して責められたり恥をかかされたりすることがないという、チームメンバーが共有している信念」と述べています。
 
心理的安全性は従業員のエンゲージメントを高める、ただの耳障りの良い言葉ではなく、成果を出すチームにおける重要な要素なのです。Googleが行った「プロジェクトアリストテレス」という2年間の研究によると、成果を出すチームには次の5つの要素があるということが分かりました。
 
・心理的安全性
・信頼性
・構造と明瞭さ
・仕事の意味
・仕事への影響

 
この5つの要素のうち、心理的安全性は最も重要な要素であることに加え、他の4つの要素の基盤となるものであるとされました。この研究では、心理的安全性について「チームメンバーの前で安心して自分をさらけ出したり、リスクを冒したりできること」と説明しています。心理的安全性の核心は、チームメンバーが安心して対人関係上のリスクを冒すことができることなのです。
 
【関連記事】心理的安全性とは?チームや職場にもたらす効果、高める方法を解説

チームの心理的安全性を測る20の質問

Hyper Islandは25年以上にわたり、組織や個人に対して、それぞれの能力を最大限に発揮できるチームづくりをサポートしてきた実績に基づき、全プロフェッショナルに関連する独自の評価を考案しました。心理的安全性を測る一つの指標として、あなたがリーダーとして日常の行動を通じて心理的安全性を育んでいるかを確認してみてください。

1. 同僚と話をしているとき、WhatsApp、LINE、メール、チャットの通知を完全に無視して会話に集中している。

When I’m in a conversation with a colleague, I completely ignore my WhatsApp/Email/Chat notifications to stay focused on the conversation. 

2. メンバーの貢献に対して感謝の意を表している。

I express gratitude for the contributions of my team members.

3. チームでは、メンバーがお互いの差異を受け入れ、多様な意見を無視することなく協力し合うことができている。

In my team, the people accept each other’s differences and are able to collaborate without ignoring divergent ideas.

4. プロジェクトについて上司に発表するとき、その過程で貢献した同僚の名前を挙げ、褒めている。

When presenting a project from my team to my boss, I give credit to the colleagues who contributed to the process.

5. メンバーは難しい課題や問題をチームへ提起することができる。

People on my team are able to bring up difficult issues and problems.

6. メンバーがミスしたとき、誰に責任があるかを追求するのではなく、解決に注力している。

When an employee makes a mistake, I focus on solutions without worrying who is to blame.

7. 各チームメンバーの独自のスキルや能力を大事にしている。

I value the unique skills and talents of each member of my team.

8. メンバーから、急用で相談を持ちかけられた際、スケジュールを調整して応えている。

I am available and accessible to people on my team if they suddenly need to speak to me during the day.

9. たいてい、事前に会議の目的を参加メンバーへ送り、共有している。

I usually send the objectives of meetings before they happen.

10. あるメンバーが他のメンバーについて否定するような発言をしたら、その時点で介入している。

If any team member speaks negatively of another member, I intervene at the time.

11. 私のチームでは、安心してリスクを冒したり、ミスしたりすることができる。

My team feel safe to take risks and make mistakes.

12. 日頃からメンバー同士でプライベートについて話をしている。

I regularly speak with each of my employees about their personal lives.

13. 誰かがミスをしたとき、本人を責めるつもりはないことを明確にしたうえで、失敗プロセスから得た学びを重視している。

When someone makes a mistake, I make it clear to the individual that he/she will not be singled out and I emphasize the learnings from the process.

14. メンバーにフィードバックを与えるだけでなく、定期的にメンバーからのフィードバックを求めている。

In addition to providing, I also regularly solicit feedback from my team members.

15. 自分のチームでは、メンバーが協力し合い、他のメンバーにも安心して助けを求めている。

On my team, people collaborate, and feel at ease to ask other team members for help.

16. たとえ自分と異なる意見であっても、遮ることなくメンバーが十分に理由を述べられるようにしている。

I allow people to state their reasoning fully without interruption, even if I disagree.

17. 自分の言動でメンバーの努力が無駄にならないよう気をつけている。

I am careful not to undermine my employees’ efforts by my behavior or speech.

18. 日頃からコラボレーターに、自分の過ちや個人的なミスについて共有している。

I regularly share my faults and personal mistakes with my collaborators.

19. 質問したり、ミスを認めたり、協力して解決策を見出したりするメンバーを称賛している。

I reward members who ask questions, acknowledge mistakes, and seek solutions collectively.

20. チームに対して、現状維持に疑問を持ち、新たなアイデアを生み出すよう働き掛けている。

I encourage my team to question the status quo and come up with new ideas.
 
 
質問は以上です。
 
こちらは簡易的なチェックリストですが、もしスコアを出したい方は、以下のURLから試してみてください。スコアやアドバイスが無料で届きます。(英語のみ)
楽しく気軽にできますので、ぜひ友人や同僚にも共有してみましょう。
 
https://knowledge.hyperisland.com/psychological-safety-test

UXデザインやサービスデザイン、デジタルデザインなど、海外のデザイン情報、イベント情報を、分かりやすく紹介します。

RECOMMENDED

RECOMMENDED